劇団月光斜TeamBKC

劇団月光斜TeamBKCは立命館大学びわこ・くさつキャンパスを拠点に活動する演劇サークルです.

07月

[しおみ ひとみと負け犬]

拝啓
風鈴の音にようやく涼味を覚える季節となりましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

さあて今日ブログを書くのは、初登場のしおみ ひとみです。
どうぞよろしく。

 

このブログの文章を書いてるのは、2018年7月9日19時53分。
そう、昨日は演出さんの誕生日……はおいといて、夏公演の本番でした。

 

2018年夏公演「フランダースの負け犬」無事終演しました…!!

 

1回生である私にとって久々の演劇であり、初めての月光斜の舞台。
ひとつひとつの練習や作業がとても刺激的で楽しかったです。

 

自分よりも何千倍も何万倍も演技がめちゃめちゃうまい先輩方。
練習するごとにどんどん上手くなっていく同期達。

そんな方達に囲まれて「私主役で良いのか…」と不安に思ったこともありましたが、演出の風太さんや他の役者たちと練習して、話し合って、そして練習してを繰り返して、だんだん形になっていき自分がやるべきこともわかりました。

この過程は大好きです。
さっき食べたシチューみたいにコトコト煮込んで舞台が出来上がっていくのです。演技だけじゃなくて、舞台作りから照明の吊り下げまで自分達の手で行うのです。

コトコトコトコト。演劇って楽しいなぁ。

 

本番は「他の役者には負けないぞ」くらいの勢いで挑みました。

少しは皆に近づけたかしら。少しは成長できたかしら。

 

今回の公演で改めて感じたことは「多くの力があって舞台ができあがる」ということ。

 

大雨の影響で公演中止になって家でめそめそしてたとき、1回生達や先輩方からはげましの電話やメールをいただきました。
追加公演にあたり、公演に参加していない先輩方がバラシなどのお手伝いに来てくださりました。
そして、たった一度の公演に59人もの方にご来場していただきました。

 

月光斜に入って、多くの人に出会い、多くの人に助けてもらい無事本番を迎えることができました。

 

本当に、みんなに感謝です。

 

観に来ていただきありがとう。
月光斜のみんなありがとう。
そしてヒュンケルありがとう。

 

感謝の気持ちを忘れず、これからも演劇を続けていきたいです。

 

しおみ ひとみはどんどんパワーアップしていきます。

今後ともよろしくお願いします!

 

最後に、厳しい暑さが続きますがくれぐれもご自愛ください。
敬具

しおみ ひとみ

【夏公演に参加している一回生にインタビュー③】

【夏公演に参加している一回生にインタビュー③】

どうして、急に雨を降らすのだい?

僕の洗濯モノに恨みでもあるのかい?

思い切って晴れてみたらいいじゃあないか。

さあ、自分の殻に閉じこまらないで。

僕と一緒に晴れてみようじゃないか‼︎

 

というわけで、田宮です。最後の一回生は数少ない女子のしおみです。普通の学生劇団だと女の子が多い印象ですが、うちはほぼ男子なので、女子が入ってきてくれると男の4倍嬉しいです。さてそれではでは、紹介行ってみヨーカドー。(2回目)

 

・芸名はなんですか?

ーしおみ ひとみです!本名です。名字と名前の母音が同じなので、気に入ってます(笑)

・演劇を始めた理由は?

ーもともと歌やダンスが好きで、小学生のときに地域のミュージカル団体に参加したことがきっかけで演劇に興味を持ちました。

・月光斜に入った訳は?

ー中学までミュージカル、高校は演劇部で演劇三昧だったので大学では別のことをしたいな~って考えてました。けど月光斜のワークショップに参加したとき、雰囲気だったり先輩のお話だったりがすごく懐かしくて落ち着いたんです。初めての場所なのに。

演劇に熱心な先輩方がいて、「私もこの先輩達と一緒に舞台をつくりたい!共演したい!」ということを目標に月光斜に入りました!

今回の夏公演で早くもその目標が達成されました(笑)

・実際演劇を始めてみてどうですか?

ー私は、演劇は「社会勉強の場」だと思っています。小学生の私は自分勝手なわんぱくガール(今もかも汗)だったので、演劇を始めたときは口調や態度についてかなり注意されました(笑)

皆で協力する、あいさつや態度やマナーはきちんと、感謝の気持ちを忘れない。

人として大切なことを全部舞台で学びました。演劇を始めて少しは人間として成長できたかな?まだまだかな?

演劇に感謝です。

・夏公演では役者をされますが、楽しいことはありますか?

ー今回役者全員と共演する機会があるので、同期、先輩の方々と一緒に演技できるのはめちゃめちゃ楽しいです。練習を繰り返していくうちに、だんだん息が合うようになっていく過程が好きです。

・逆に大変なことはありますか?

ー私はヒュンケル役なんですが、最初はヒュンケルの気持ちが全然わからなかったんです。性別違うし、性格もちがうし、なにより性別違うし。

でも「わからない」って決めつけて自分が「分かろうとしなかった」ことに気づいて、少しずつヒュンケルと向き合うことにしました。かなり時間はかかりましたが、今では「ヒュンケルは私とかなり似てるな」て思うようになりました。

固定概念はいけません(笑)

・スタッフの部署はどこで、どのような仕事内容ですか?

ー照明と衣装小道具です。照明は現在仕込み期間なので、照明灯体を吊るしたりシュートしたりでとても勉強になります。衣装小道具では主に役者全員の採寸を行いました。楽しかったです(笑)

・スタッフの仕事はどうですか?

ー作品だけでなく、舞台づくりや宣伝まで全部自分達の手でつくる。とても大変だけど、それ以上に興奮するし達成感があるので大満足ですっ。

・先輩達はどうですか?

ー皆とてもおもしろくて素敵な方達です。大好きです。

ただ最近私をいじってくる方が増えたような・・・(笑)

・では、最後に本番に向けての意気込みを。

ー私自身ひさびさの舞台です。本番が楽しみだし、ちょっと不安だし、それよりもわくわくしてるしで、さあ大変。昔よりもパワーアップした しおみひとみ をお楽しみに!

 

天然かつ真面目な印象を勝手に受けてます。夏公演では主役に抜擢され、色々悩みながらも、プレッシャーに押し潰される事なく本番を迎えられる強さも持っているようですね。しおみの活躍を是非観に来てください。

さてさてさて、本番までもう僅かです。一回生3人を中心に稽古を積み重ねて作り上げた舞台「フランダースの負け犬」。是非是非是非是非ご覧ください。よろしくお願いします。

田宮ヨシノリ

【夏公演に参加している一回生にインタビュー②】

【夏公演に参加している一回生にインタビュー②】

最近は夏になったので、サンダルしか履かないのですが、仕込みではキャットウォークに上がるので靴を一日中履かなきゃいけないです。今2日目の仕込み終わりで、靴を脱ぎました。

久々に臭いですね。

ということで、田宮です。みなさんが思ってるより臭くないと思います。多分。

今日の一回生紹介はジャンボこと亀井くんです。最初はただの変なやつやと思っていたら、意外と真面目な変なやつでした。では、はりきってどうぞ~。

 

Q.芸名を教えてください。

A.本格熟成国産サーロインステーキ(ジャンボ亀井)です。ガストにいるときに芸名を決めろと言われ、こうなりました。

Q.演劇を始めた理由はなんですか?

A.なんとなく気になったんです!

Q.月光斜に入った理由はなんですか?

A.唯一ビラを僕にわたしてきよったから。

Q.演劇を始めどうですか?

A.めっちゃ楽しいやんけ! びっくりやわ!六年間続けたテニスよりおもろいわ!

Q.役者をやってて楽しいことはなんですか?

A.普段言わないようなことを堂々と言えることですな。突撃命令!とかがっつりいえるのはもうロマンですな。

Q.逆に大変なことはなんですか?

A.僕のCPUはI3にも満たないので複数のことを意識してやってたらいろいろと疎かになるところです。

Q.スタッフの部署はどこですか?

A.宣伝美術です。今回は踏み看板を制作しちゃいました。なんかもう白髪増えた気がしますしハゲるんじゃないかと作りながら思っていました。

Q.仕事はどうですか?

A.めっちゃしんどいっていうか精神的に死にそうになるけどここしか僕の場所はないですね。宣美の未来は明るいです。

Q.先輩たちの印象は?

A.おもしろい方たちですよ、ほんと。

Q.本番に向けて一言お願いします。

A.クルックというキャラクターをお客さんの記憶に残すことができるよう頑張ります^^

 

以上です。彼はめちゃくちゃコテコテな関西弁です。月光斜TeamBKCでは標準語を喋る人が半分強を占めているので、目立ちます。でも、それも個性となっていていいキャラの変なやつです。

「フランダースの負け犬」、本番が近づいてます。ああ、近づいてます。

是非是非に( ̄∇ ̄)