劇団月光斜TeamBKC

劇団月光斜TeamBKCは立命館大学びわこ・くさつキャンパスを拠点に活動する演劇サークルです.

活動ブログ

団員たちが不定期に書く、不定期ブログです。

副座長寺尾海

こんにちは、寺尾と言います。

副座長になりました。

副って何するんだろうって思いますがとりあえず座長のサポートをしていければなんて思います。
自分の出来る事、頑張れば出来る事をやってみます。

出来ない事は無責任かもしれませんが他の人がやってくれると思います。
それぐらい頼れるって事なんです、みんな。

これから冬休み、テスト、春休みと活動が無い期間が続きます。そんな時間の過ごし方でこれからの舞台が変わってくると思うんです。
演劇に関わらず日々の生活から様々な影響を受けて引き出しを増やして公演づくりに生かしていく。

その為にいろんなところに行こうと思います。行きたかったところから全く興味のなかったところまで。
きっと楽しく役に立つ、寒い季節ですが暖かくして出かけようと思います。

まずは、お鍋の材料でも買いに行こうかな。

新座長ひでです!

2018年度座長に就任したひでと申します。
いきなりですが私の悩みを一つ聞いてください。私自身、話をまとめるのが下手という欠点が、、、既に新座長として壁が立ちはだかっていますね(笑)
ですが、このブログがまとまらないことを覚悟で書きますよ!!!
まず、軽く自己紹介
2回生
音効班
好きなものは演劇
好きな言葉は温故知新
好きな場所は布団の中

そして決意表明
皆が楽しみ、努力し、良い劇をつくり提供する。
これが出来るような雰囲気づくりなどを仲間と力を合わせて行きたいと思います。

最後に
劇団月光斜Team BKCは多くの方々に知ってもらい、多くの方々の心に残るような劇をつくって行きたいと思います。これからも劇団月光斜Team
BKCの活動を暖かく見守ってもらえたら幸いです。よろしくお願いします。

堅苦しいかな俺

冬公演終演いたしました

2回生の小栗です

冬公演でドタバタしていたためHPの更新が滞っていましたが,一段落ついたため再開していこうと思います.

今回の冬公演は三回生と四回生が抜け,一,二回生が主体となる初めての公演となりました.

毎年のように冬公演は,時間と資金そして人材も限られた中で行う厳しいものですが,今回も公演をなんとか打つことができました.

今公演で私は舞台監督を務めたのですが,一番頭を抱えたのが時間のなさです.当劇団の方針としては,より面白い舞台を作るのは演出の役割で舞台監督の役割は公演を成り立たせることです.

今公演では学祭の時期とだだ被りで施設を抑えることができなかったり,役者やスタッフ陣のスケジュールが合わないなど公演の運営が難航しました.

自分の力不足のため一部のメンバーに負担が偏りすぎてしまったり,納期が押してしまうなど多くの失敗を経験しました.厳しい意見も多くいただきました.

しかし,多くの方々に協力いただき,本番までなんとかこぎつけることができました.

今公演は自分の未熟さと現時点での実力を痛感した苦い経験となりましたが,非常に実り有る充実したもでした.

私は舞台以外のことは正直全くわかりませんが,舞台監督として様々な部署に首を突っ込みました.知識がないので間違った発言を多々してしまいました.
そんな時同期の仲間が間違いを指摘し,協力してくれました.

以前よりも多くのメンバーと関わることができ,劇団としての絆を深めることができたと個人的には思っています.

次回は新入生歓迎公演.なんとか善い舞台を作り上げ新入団員を獲得しなければ.次の公演期間までしっかりと準備していきます.

卒業公演、終演。そしてこれからのこと。

お久しぶりです!由良渓花です😊

卒業公演、「あらびきラプソディー」が終演して、しばらく経ちました。

ご来場、応援してくださった皆様に、本当に本当に感謝する日々です。

IMG_1583

4回生が4年間の想いを胸に、有終の美を飾って卒業する公演。
みんなの想いが強くて、いい意味でプレッシャーが大きくて、ずっと刺激を受け続ける公演でした。

私が入団してちょうど1年が経とうとしています。
1年間、私なりに、全力で思いをぶつけ続けて走り続けて来ました。
途中入団で、できないことも多くて、悔しいなあと思うばかりだったけど、何かしら、こんな自分でもできてきたんじゃないかなあ。なんて思います。

だけど、卒団生は、それを4年も続けて、その想いってどれだけ大きくなってるんだろう。
そう考えると、ただただすごいなあというか、卒団生の存在の大きさを感じました。胸が震えました。

楽ステが終わった瞬間、なんとなくその想いの大きさがホールを包んだ気がして、涙が溢れてきました。ほんと、すごい先輩方を持ったのだなあって実感しました。

IMG_1583

残されたのはあと2年ほど。自分はこれから、この劇団で何をするのだろう。ずっと想いをぶつけていきたいな。そしていつか、先輩方がそうだったように、わたしも想いを綺麗に咲かせて、笑顔で卒業したいなあ。

そんなことを思いながら、日々一歩一歩進んでいます。

そしてわたしたちの一歩が進む先は、はい、まず、目の前の冬公演!
活動はもう始まってます。

4回生が卒業して、新たな時代がやってきています。

私たちの手で、どんなお芝居が作れるか…ワクワクドキドキが止まりません。
こうやって演劇のことを考えてると、本当に本当に幸せなんですよね。

これからも大好きなみんなと、大好きな演劇を作っていきます。

これからもそんな私たちを、見守っていただけると幸いです。

新しく生まれ変わった劇団月光斜TeamBKCをお見逃しなく!!

信頼してるデス

初めまして、往西遼河です。

このブログ上には初登場なので、ご挨拶しました…

突然ですが、今日また一つの時代が終わりました。これを経験するのは今年で3回目。

例年より冷静になってしまったのはなぜだろうか。思えば一回生の卒業公演(以下卒公)の楽ステで、役者として出てもないのにギャン泣きした。

だが、それ以降は涙が出なかった。涙が出たから良い悪いの話では決してないが…

今考えたら、責任を感じることが年々増えたからかな…。涙を出す余裕がなかったのかもしれない。

一番迷惑をかけた人たちを見送って、来年僕たちは見送られる。何十年もそうして世代交代が送られてきたのかな。

僕らを後輩として信頼してくれた。嬉しかった。

来年もそうあるべきなのだろう。