劇団月光斜TeamBKC

劇団月光斜TeamBKCは立命館大学びわこ・くさつキャンパスを拠点に活動する演劇サークルです.

活動ブログ

団員たちが不定期に書く、不定期ブログです。

[しおみ ひとみと負け犬]

拝啓
風鈴の音にようやく涼味を覚える季節となりましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

さあて今日ブログを書くのは、初登場のしおみ ひとみです。
どうぞよろしく。

 

このブログの文章を書いてるのは、2018年7月9日19時53分。
そう、昨日は演出さんの誕生日……はおいといて、夏公演の本番でした。

 

2018年夏公演「フランダースの負け犬」無事終演しました…!!

 

1回生である私にとって久々の演劇であり、初めての月光斜の舞台。
ひとつひとつの練習や作業がとても刺激的で楽しかったです。

 

自分よりも何千倍も何万倍も演技がめちゃめちゃうまい先輩方。
練習するごとにどんどん上手くなっていく同期達。

そんな方達に囲まれて「私主役で良いのか…」と不安に思ったこともありましたが、演出の風太さんや他の役者たちと練習して、話し合って、そして練習してを繰り返して、だんだん形になっていき自分がやるべきこともわかりました。

この過程は大好きです。
さっき食べたシチューみたいにコトコト煮込んで舞台が出来上がっていくのです。演技だけじゃなくて、舞台作りから照明の吊り下げまで自分達の手で行うのです。

コトコトコトコト。演劇って楽しいなぁ。

 

本番は「他の役者には負けないぞ」くらいの勢いで挑みました。

少しは皆に近づけたかしら。少しは成長できたかしら。

 

今回の公演で改めて感じたことは「多くの力があって舞台ができあがる」ということ。

 

大雨の影響で公演中止になって家でめそめそしてたとき、1回生達や先輩方からはげましの電話やメールをいただきました。
追加公演にあたり、公演に参加していない先輩方がバラシなどのお手伝いに来てくださりました。
そして、たった一度の公演に59人もの方にご来場していただきました。

 

月光斜に入って、多くの人に出会い、多くの人に助けてもらい無事本番を迎えることができました。

 

本当に、みんなに感謝です。

 

観に来ていただきありがとう。
月光斜のみんなありがとう。
そしてヒュンケルありがとう。

 

感謝の気持ちを忘れず、これからも演劇を続けていきたいです。

 

しおみ ひとみはどんどんパワーアップしていきます。

今後ともよろしくお願いします!

 

最後に、厳しい暑さが続きますがくれぐれもご自愛ください。
敬具

しおみ ひとみ

【夏公演に参加している一回生にインタビュー③】

【夏公演に参加している一回生にインタビュー③】

どうして、急に雨を降らすのだい?

僕の洗濯モノに恨みでもあるのかい?

思い切って晴れてみたらいいじゃあないか。

さあ、自分の殻に閉じこまらないで。

僕と一緒に晴れてみようじゃないか‼︎

 

というわけで、田宮です。最後の一回生は数少ない女子のしおみです。普通の学生劇団だと女の子が多い印象ですが、うちはほぼ男子なので、女子が入ってきてくれると男の4倍嬉しいです。さてそれではでは、紹介行ってみヨーカドー。(2回目)

 

・芸名はなんですか?

ーしおみ ひとみです!本名です。名字と名前の母音が同じなので、気に入ってます(笑)

・演劇を始めた理由は?

ーもともと歌やダンスが好きで、小学生のときに地域のミュージカル団体に参加したことがきっかけで演劇に興味を持ちました。

・月光斜に入った訳は?

ー中学までミュージカル、高校は演劇部で演劇三昧だったので大学では別のことをしたいな~って考えてました。けど月光斜のワークショップに参加したとき、雰囲気だったり先輩のお話だったりがすごく懐かしくて落ち着いたんです。初めての場所なのに。

演劇に熱心な先輩方がいて、「私もこの先輩達と一緒に舞台をつくりたい!共演したい!」ということを目標に月光斜に入りました!

今回の夏公演で早くもその目標が達成されました(笑)

・実際演劇を始めてみてどうですか?

ー私は、演劇は「社会勉強の場」だと思っています。小学生の私は自分勝手なわんぱくガール(今もかも汗)だったので、演劇を始めたときは口調や態度についてかなり注意されました(笑)

皆で協力する、あいさつや態度やマナーはきちんと、感謝の気持ちを忘れない。

人として大切なことを全部舞台で学びました。演劇を始めて少しは人間として成長できたかな?まだまだかな?

演劇に感謝です。

・夏公演では役者をされますが、楽しいことはありますか?

ー今回役者全員と共演する機会があるので、同期、先輩の方々と一緒に演技できるのはめちゃめちゃ楽しいです。練習を繰り返していくうちに、だんだん息が合うようになっていく過程が好きです。

・逆に大変なことはありますか?

ー私はヒュンケル役なんですが、最初はヒュンケルの気持ちが全然わからなかったんです。性別違うし、性格もちがうし、なにより性別違うし。

でも「わからない」って決めつけて自分が「分かろうとしなかった」ことに気づいて、少しずつヒュンケルと向き合うことにしました。かなり時間はかかりましたが、今では「ヒュンケルは私とかなり似てるな」て思うようになりました。

固定概念はいけません(笑)

・スタッフの部署はどこで、どのような仕事内容ですか?

ー照明と衣装小道具です。照明は現在仕込み期間なので、照明灯体を吊るしたりシュートしたりでとても勉強になります。衣装小道具では主に役者全員の採寸を行いました。楽しかったです(笑)

・スタッフの仕事はどうですか?

ー作品だけでなく、舞台づくりや宣伝まで全部自分達の手でつくる。とても大変だけど、それ以上に興奮するし達成感があるので大満足ですっ。

・先輩達はどうですか?

ー皆とてもおもしろくて素敵な方達です。大好きです。

ただ最近私をいじってくる方が増えたような・・・(笑)

・では、最後に本番に向けての意気込みを。

ー私自身ひさびさの舞台です。本番が楽しみだし、ちょっと不安だし、それよりもわくわくしてるしで、さあ大変。昔よりもパワーアップした しおみひとみ をお楽しみに!

 

天然かつ真面目な印象を勝手に受けてます。夏公演では主役に抜擢され、色々悩みながらも、プレッシャーに押し潰される事なく本番を迎えられる強さも持っているようですね。しおみの活躍を是非観に来てください。

さてさてさて、本番までもう僅かです。一回生3人を中心に稽古を積み重ねて作り上げた舞台「フランダースの負け犬」。是非是非是非是非ご覧ください。よろしくお願いします。

田宮ヨシノリ

【夏公演に参加している一回生にインタビュー②】

【夏公演に参加している一回生にインタビュー②】

最近は夏になったので、サンダルしか履かないのですが、仕込みではキャットウォークに上がるので靴を一日中履かなきゃいけないです。今2日目の仕込み終わりで、靴を脱ぎました。

久々に臭いですね。

ということで、田宮です。みなさんが思ってるより臭くないと思います。多分。

今日の一回生紹介はジャンボこと亀井くんです。最初はただの変なやつやと思っていたら、意外と真面目な変なやつでした。では、はりきってどうぞ~。

 

Q.芸名を教えてください。

A.本格熟成国産サーロインステーキ(ジャンボ亀井)です。ガストにいるときに芸名を決めろと言われ、こうなりました。

Q.演劇を始めた理由はなんですか?

A.なんとなく気になったんです!

Q.月光斜に入った理由はなんですか?

A.唯一ビラを僕にわたしてきよったから。

Q.演劇を始めどうですか?

A.めっちゃ楽しいやんけ! びっくりやわ!六年間続けたテニスよりおもろいわ!

Q.役者をやってて楽しいことはなんですか?

A.普段言わないようなことを堂々と言えることですな。突撃命令!とかがっつりいえるのはもうロマンですな。

Q.逆に大変なことはなんですか?

A.僕のCPUはI3にも満たないので複数のことを意識してやってたらいろいろと疎かになるところです。

Q.スタッフの部署はどこですか?

A.宣伝美術です。今回は踏み看板を制作しちゃいました。なんかもう白髪増えた気がしますしハゲるんじゃないかと作りながら思っていました。

Q.仕事はどうですか?

A.めっちゃしんどいっていうか精神的に死にそうになるけどここしか僕の場所はないですね。宣美の未来は明るいです。

Q.先輩たちの印象は?

A.おもしろい方たちですよ、ほんと。

Q.本番に向けて一言お願いします。

A.クルックというキャラクターをお客さんの記憶に残すことができるよう頑張ります^^

 

以上です。彼はめちゃくちゃコテコテな関西弁です。月光斜TeamBKCでは標準語を喋る人が半分強を占めているので、目立ちます。でも、それも個性となっていていいキャラの変なやつです。

「フランダースの負け犬」、本番が近づいてます。ああ、近づいてます。

是非是非に( ̄∇ ̄)

【夏公演に参加している一回生にインタビュー①】

【夏公演に参加している一回生にインタビュー①】

すごい良い感じのシーンの途中で稽古場に入る気まずさと言ったら、

「お疲れ様デー、、、、す。。。」

。。。なんか、すいませんでした。

 

あ、どうも田宮ヨシノリです。すっかり更新が滞っているブログですが、新入生も入ったことなので、動かしていこうと思います。遅い!!

あ、部署紹介に関してはみなさん忙しいようなので、夏公演が終わり次第落ち着いたら、順次更新していきます。許してください。ごめんなさい。

今日のインタビューはワラビーです。それでは、いってみよーかどー。

 

Q.まず始めに芸名から教えてください。

A.ワラビーです。由来は実名の 星太(せいた)→雪駄(せった)→雪駄はワラからできている→ワラ→ワラビー といった感じです。

Q.演劇を始めたきっかけは何ですか?

A.高校1年の体育の後に急に話しかけてきた他クラスで演劇部の見知らぬ1年生に文化祭を手伝ってほしいと言われ、そのまま入部させられました。

Q.月光斜に入った訳は?

A.過去公演を見て、舞台装置や衣装などから、高校では出来なかった本格的な演劇がここでは出来ると思ったからです。

Q.実際演劇を始めてみてどうですか?

A.高校でやっていた演劇とは断然違い、本格的だなあと思いました。実際にその舞台に立って演技ができると思うと非常に楽しみです。

Q.役者をやっていて楽しいことは?

A.自分が演じる人物の感情の変化などを読み取り、その人の物語を表現するところです。

Q.逆に大変なことは何ですか?

A.その場その場でたくさんのことを考えなければいけないところです。特に動きをつけるのが難しく、苦戦しています。また、練習が毎日ありますが、だからといって自分が完全に満足する出来にはならず、自信を持つのが難しいです。

Q.スタッフの部署は?仕事はどうですか?

A.衣装小道具です。衣装や小道具を作っています。衣装は部室にあるものを使うこともあるのですが、布から作ることもあります。今回の公演では、時代が戦争時代のドイツと言うことで、衣装も当時のような感じにしないといけないので、時間と労力を費やしました。小道具も同様です。

Q.先輩達の印象はどうですか?

A.優しくて面白い方々です。手先が不器用で、要領の悪い自分に対して、非常に優しく教えていただいており、感謝の気持ちでいっぱいです。

Q.では、最後に本番に向けての意気込みを。

A.月光斜に入団してから初めての公演で期待と緊張でいっぱいになっていますが、頑張ります。そしてここで自分の新たな可能性を見つけたいと思います。

 

以上がインタビューとなります。なんと、高校から演劇をしているようです。そういう意味では、先輩ですね。一回生の中では一番しっかりしているような印象を受けます。実家が大阪なのにわざわざ滋賀まで通っているらしく、通学だけで大変そうです。っというわけで、第一回はこんなもんで、どうでしょうかね。

そして!!「フランダースの負け犬」本番近づいてきました。予約もできるので是非お越しください。

田宮ヨシノリ

【2018年度公演部署紹介:照明】

新入生の皆さんご入学おめでとうございます。
照明とかやってます寺尾といいます。

照明を紹介しろって言われましてすでにTwitterでいろいろ言っているので僕もおなかいっぱいです。
Twitterでの照明紹介を見てくださった方もそうかもしれませんね笑
照明をやっています。何が魅力って電気が付くそれだけでもう魅力的なんですがそれによって影がでいるじゃないですか。
それがまた堪らなく気持ちが良くて美しくていつまででも見ていられるし落ち着くんですよね。

そして公演では照明の変化を実際に機材を使って行なうのですが、その操作をするオペレーターはもう、もうすごいです。いいです。
まるでその世界の生死を操っているような感覚になります。(個人差がありますが笑)
僕らは卓と呼んでいるその機材のつまみをあげた瞬間に物語が始まるんです。
今まで演出、役者、スタッフそれぞれが全力で向き合い、そして造りあげてきた世界をお客さんにどうだ!と見せつける最初の瞬間なんです。
もう3回生にもなりますがその瞬間は心臓がバックバクになります。
今回の新入生歓迎公演の舞台裏見学ツアーでは、そんなオペレーター体験もしていただけるので是非世界を操ってみてください。

照明に触れて2年になりますが、やっぱりいろんな事が気になりだします。
音効であればいつも聞く音、宣美さんであればいつも見る広告、と言ったように僕たちも様々な照明、光に目がいってしまうようになりました。
BKCの近くでも工場だったりがありまして、その近くを帰り道なんかにふと見ると深いオレンジ色ごべとっと貼り付いてやがるんです。
これがすっごくきれいで毎日の楽しみになってます。あのオレンジだこの野郎って具合が飾らなくて、冷たくて、でもあったかくて好きなんです。

どうでもいい事ばかりで照明の魅力をお伝え出来なかったのですが、もし少しでも照明というものに興味を持っていただけたなら幸いです。
僕から皆さんに。夜の学校でベンチに座ってぼーっとして見てみてください。
いつもとは違う顔が見れるかもしれません。夜のBKCはきれいですよ。